THE LIFEFUCKER

アプリや本やガジェットなどなど

最大120倍までズームできる携帯型顕微鏡「Do・Nature(STV-120M)」を買ってみた

スポンサーリンク

STEM教育とまではいかないけれど、子供に少しでも科学に興味を持ってほしいと思っています。子供ができるだけ楽しめるようにと、携帯型の顕微鏡を買ってみました。

重視したのは以下の3点

  • 操作が簡単
  • ズーム倍率が高い
  • 価格がお手頃

いろいろ調べた結果、機能と価格のバランスが良さそうな「Do・Nature(STV-120M)」に決めました。

携帯型顕微鏡「Do・Nature(STV-120M)」

今回購入したのはレンズなどの光学製品の製造・輸入を行っているケンコー・トキナー社の「Do・Nature(STV-120M)」。

f:id:lifefucker:20180807002947j:plain

全長8.8㎝と子供の手でも持ちやすいコンパクトなデザイン

操作は至って簡単。

まず観察したい物の上に顕微鏡をおき、スイッチを押しLEDライトをつけます。

次に上部にあるズームリングで倍率を調整したあと、下部のフォーカスリングでピントを合わせるだけ。 

f:id:lifefucker:20180807002944j:plain

LEDライトで明るく見やすい

こんな感じで、観察したい物の上に置いて使うだけ。

f:id:lifefucker:20180807002950j:plain

一万円札を120倍で観察してみると

これが120倍ズームで観察した福沢諭吉の「瞳」。思ったよりキラキラしてました。

肉眼ではさすがにここまでは見れませんね!

f:id:lifefucker:20180807002941j:plain

これはなんでしょう?

ちなみにこれはティッシュを拡大したところ。スマホで撮影してるので若干ピントが合っていませんが、実際にはもう少し鮮明に見ることができます。 

f:id:lifefucker:20180807002938j:plain

袋に入れてアウトドアに持ち出そう

乾電池式なので電源も気にならず、気軽に外に持ち出せます。仕様はこんな感じ。

倍率 : 60~120倍(ズーム比2倍)
サイズ: W37×D26×H88mm
電池 :単4形アルカリ乾電池1本(別売)
重量 :約30g(電池含まず)

 価格は大体1,700円~1,800円くらいで購入可能です。これをきっかけに科学に興味を持ってくれれば安いもんですね。大人でも結構楽しめるのでおすすめです。

おすすめポイント

  •  小さく軽いので持ち運びも簡単
  • 倍率が高く、操作も簡単
  • 機能の割にリーズナブル

さいごに

レビューをみるとアオミドロやミジンコなども観察できるようです。子供と一緒に外に持ち出して、自然の中のミクロの世界を探索したいですね。