THE LIFEFUCKER

アプリや本やガジェットなどなど

石岡瑛子は有名アーティストのMVを手がけた天才クリエイターです

スポンサーリンク

f:id:lifefucker:20170711222503p:plain

今日のGoogleロゴが『石岡瑛子生誕79年』になっていますね!

石岡瑛子ってどんな人?

石岡 瑛子(いしおか えいこ、1938年7月12日 - 2012年1月21日)は、東京都出身のアートディレクター、デザイナーです。

オスカー、グラミー、トニーの2つのノミネートで彼女を獲得した石岡瑛子の作品は、メディアに関係なく中心的な役割を果たしました。

プリント広告やアルバムカバーから映画、劇場、オリンピックの衣装に至るまで、日本人デザイナーの象徴的なデザイナーは何十年ものキャリアの中でこれをやっていました。

東京で生まれ育った石岡は、業界に女性がほとんどいない時にグラフィックデザインのキャリアを追求しました。

石岡瑛子の代表的な作品は?

石岡は1992年にアカデミー賞を受賞したフランシス・フォード・コッポラの「ドラキュラ」衣装をデザインしています。このドラキュラはゲイリー・オールドマンが出演していることでも有名ですね。

 【ストーリー】
400年の時を彷徨い、永遠の愛を求め続ける哀しき男。最愛の女性を失い、神への復讐を誓ったドラキュラ伯爵と、自殺した伯爵夫人と生き写しのミナとの出会い。
そして、ドラキュラ・ハンター、ヘルシング教授の登場!婚約者ジョナサンがいるにもかかわらず、愛し合ってしまったミナと伯爵の愛の行方は…?
巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督が、ブラム・ストーカーの原作を、見事な映像技術を駆使して再現し、ドラキュラを深い愛の中に生きた男として甦らせた。
『ハンニバル』のゲイリー・オールドマン、『オータム・イン・ニューヨーク』のウィノナ・ライダー、『マトリックス』のキアヌ・リーブス、そして『9デイズ』のアンソニー・ホプキンズら豪華出演陣で贈る、壮大なゴシック・ロマン。

また1986年にはマイルス・デイヴィスのアルバム「トゥトゥ(TUTU)」でグラミー賞受賞を受賞しています。

1988年にはブロードウェイの『M.バタフライ』では美術監督としてトニー賞にノミネートされました。

その他にもビョークのコクーン(Cocoon- bjork)のミュージックビデオや、北京オリンピック開会式・衣装を手掛けるなどマルチでハイセンスなアートワークを手がけていることで世界的にも有名です。

www.youtube.com

今日のロゴに登場している衣装

本日のGoogleロゴにはいくつかの衣装が登場していますが、これはターセム・シン監督の2006年の映画「The Fall(邦題:落下の王国)」から石岡が手がけた衣装いくつかを展示しています。

www.youtube.com

こちらの予告編でもいくつかの衣装が確認できますので興味があれば確認してみてください。