読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE LIFEFUCKER

アプリや本やガジェットなどなど

【おすすめ絵本】ミッフィーと一緒に名画を見よう!『ミッフィーとマティスさん』

本のこと 育児のこと
スポンサーリンク

こどもと絵で話そう ミッフィーとマティスさん

今日はたまたま本屋で見つけて即購入した『ミッフィーとマティスさん』をご紹介。
タイトルの通り世界的な絵本作家ディック・ブルーナのミッフィーと、世界的に有名な画家アンリ・マティスがコラボした絵本です。

アンリ・マティスってどんな人?

アンリ・マティスは20世紀を代表するフランスの画家です。約60年前になくなったのですが、彼の作品は今でも多くの画家やデザイナーに影響を与え続けています。代表作には「ダンス」や、今回紹介する絵本の表紙にもなっている「ジャズ」などがありますね。鮮やかな色彩の絵が特長で、色彩の魔術師と歌われました。

マティスは70歳を超えてから切り絵を始めました。『ミッフィーとマティスさん』ではミッフィーがマティスの切り絵を「こどもの視点て観る」という設定になっています。

『ミッフィーとマティスさん』 

ミッフィーがマティスの切り絵を見ながら、ミッフィーがおもったことを話しています。ミッフィーのカラフルな絵柄と、マティスのカラフルなマッチして、見ているだけでたのしい絵本です。

 

f:id:lifefucker:20160904005415j:plain

 ミッフィー「このひと とんでる? よぞらの ほしと」

 

f:id:lifefucker:20160904005436j:plain

 「ほしの かたちを きりぬいて おねがいごとをすれば あたしも そらを とべるかな」

このように大人の視点ではなくミッフィーの視点で話していてるので、マティスの絵を子供に返った気持ちで見られるのがいいですね。子供は美術館でこんな風におもったりするのかな?

もちろん子供の読み聞かせにもいいと思います。

おすすめのシリーズ

この絵本は「こどもと絵で話そう」というシリーズで、他にも何冊か出ています。

ミッフィーとフェルメールさん

 

ミッフィーとほくさいさん

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?ディック・ブルーナは90歳近いのにいまだに作品を作り続けているのがすごいですね。個人的にはピカソ、ゴッホなどの巨匠や、アンディ・ウォーホルやキースヘリングなどのポップアートともコラボしてほしいなと思います。

このシリーズは他のミッフィーのシリーズに比べたら若干値が張るので、出産祝いなどにいいかもしれませんね。